家事・育児は本当に夫婦で協力できていますか

家事・育児の悩み相談

こちらをクリック!

昔は夫が外で働き、妻は専業主婦となり家事・育児をするというパターンが 多かったように思いますが、現在は女性が働くことも当たり前になりましたし (責任ある仕事を任される方が増え、結婚・子育てのために退職する女性が少なくなった) 夫だけの収入では生活が厳しいこともあり、共働きのご夫婦がかなりの割合となっています。



そのため、結婚前から家事の分担をきちんと話し合っているカップルもおられるようですね。

しかし、どちらかもしくは双方で残業が多い、精神的にダメージが大きい業務に就いている、 勤務時間が不規則である…など、心身共に疲れが溜まってくると仕事と家事の両立が難しくなってきます。



すると、どちらか一方の負担が大きくなる、あるいはどちらも家事をしなくなり、 食事面や自宅の環境がどんどん悪くなっていくことでしょう。

妻が専業主婦である場合、もしくは共働きなのにどちらか一方が家事・育児の大半を担っている場合、 よくありがちなのが、家事・育児をしていない側が「してもらって当たり前だ」と思っていること。



「お前は働いていないんだから、掃除・洗濯・料理・育児をこなして当たり前」
「あなたは残業が少ないんだから、家事分担の割合が多くなって当たり前」
「俺は体力を使う仕事でお前は一日中座っている仕事なんだから、お前の方が家事・育児をして当たり前」
そんな気持ちを持って生活していると、必ず言葉や態度に表れます。

上から物を言っている側は自分の思い通りになっているので、気分良く結婚生活を送りますが、 言われている側は釈然とせず、悩み・苦しみ・不満が溜まり始めるはずです。



また、同じような職種で同じような勤務時間なのに家事が効率よくこなせる側に、 いつのまにか負担が偏っていて「確か分担する約束をしたのに…」とわだかまりができ、 自分だけ自由な時間を犠牲にしているような気分になるのでしょう。



家事は最低限のことをするだけでもかなりの作業量になりますし、できない人がどうこう言う資格はありません。

育児に関しても乳幼児の頃は目が離せず、全てに手がかかるので自由な時間はゼロに等しいものがあります。

仕事は体力を使うもの、頭を使うもの、神経を使うもの、目が疲れるもの、肩が凝るものなどさまざまで、 人間関係やノルマ・接待など、外から見ただけでは分からない大変さが山ほどあるだろうと思います。



そういうことを汲み取ってお互いが『家事・育児をしてくれてありがとう』という気持ちでいれば 自然と協力するでしょうし、分担通りにできなかった場合はお詫びと感謝の言葉が出てくるはずです。

今では旦那さまも家事・育児をするのが当たり前の時代になってきましたが、奥様はそれを当たり前だと思わず 「昔は全部女性がしていたのに…私に自由な時間を与えてくれてありがとう」とそう思うだけで、 お互いに家事や育児が楽しくなり、波風が立つことのない穏やかな暮らしとなることでしょう。

Profile

【名前】
田頭 祐子
【出身地】
大阪府寝屋川市

心理カウンセラー。2011年12月プロスタイル心理分析講座を修了。恋愛や夫婦間の悩みをはじめ、家族のこと、仕事のことなど、あらゆるジャンルに対応しています。

›詳しくはこちら

愚痴聞きサービス
▲ブログはこちら▲

ページトップへ