舅や小姑問題

舅や小姑の悩み相談

こちらをクリック!

本来なら男性である舅は姑と比べて干渉もせず、嫁とは上手くいくパターンが多いようですが、 時折上手くいかない場合もありますね。

奥様(姑)が先に亡くなって、趣味もなく家にこもってばかりいるような舅もその中の一人。



別居しているならそこまで酷くはないかもしれませんが、そのような舅と 同居していると仕事・家事・子育てで忙しい嫁の手を煩わせることが多いのではないでしょうか。



最初は遠慮がちな態度であったとしても、時が経てば息子の嫁を自分の嫁だと勘違いし、 偉そうになったり必要以上に甘えたり…嫁も相手が義父ですからある程度は辛抱するものの 不満が減少することはなく、数年で義父との別居を考え始める…なんてことも。



ただ、舅も嫁も気を遣いすぎながら一緒に生活するのは、窮屈でうんざりするでしょうし、 お互いが機嫌を損ねないよう気を遣うのではなく、日々の暮らしの中で思いやりを持って 自然と配慮ができるという間柄になると良いですね。



また、年数回の親族での集まりしか顔を合わせないのに、相性の良くない小姑もいたりします。

夫婦間や義両親とはとても仲良くやっているのに、小姑(パートナーの兄弟姉妹)とだけ 相性が悪い…なんてことも少なくありません。



そうすると小姑との悪い関係だけが目立ってしまい「この人とさえ上手くいけばパーフェクトなのにな」 なんて意地でも良い関係を築こうとしてしまいがちです。

人間関係は良好に越したことはありませんが、小姑は小姑で昔から兄弟姉妹間に 何かしら気に入らないことがあった…あるいは親の扱いが平等でなかったなど、 いい大人になっても許せない何かが“あなたへのとばっちり”となっているのかもしれません。



直接イヤな態度を取られると『私が何か悪いことをしたのだろうか?』と 良識ある人間ならそんな風に考えてしまいそうですが、そういう推測も 「なんなのこの人?!」という怒りにも似た感情も、一旦横へ置き 『この人がこんな態度を取るのはどうしてなんだろう?』と過去にさかのぼって 想像してあげてほしいのです。その想像していることが本当であろうとなかろうと、 その思い巡らせる時間を作ることによって、あなたがしなくてもいい反省や 単なる“とばっちり”であった不機嫌なエネルギーも、きっとどこかへ飛んでいくことでしょう。

Profile

【名前】
田頭 祐子
【出身地】
大阪府寝屋川市

心理カウンセラー。2011年12月プロスタイル心理分析講座を修了。恋愛や夫婦間の悩みをはじめ、家族のこと、仕事のことなど、あらゆるジャンルに対応しています。

›詳しくはこちら

愚痴聞きサービス
▲ブログはこちら▲

ページトップへ